医院によって異なるインプラント

歯科医院でのインプラント治療

インプラント治療の効果

抜け落ちた歯を歯科医院で治療するときには、差し歯、入れ歯などがあります。これらの方法は保険の適用範囲ですので比較的安く済みます。それに対してインプラントは審美歯科を目的としているので保険の適用外となり、かかる費用は全て自己負担になります。しかし、インプラントの治療は差し歯、入れ歯よりも優れた効果を得ることができます。歯科医院でのインプラントの治療は、抜け落ちた歯の部分の歯根に金属の歯根を顎の骨に埋め込みます。そしてその金属の歯根の上に金属の歯を取り付けます。入れ歯、差し歯と大きく異なる点は歯の強さです。金属ですので虫歯になることはありません。また、顎の噛む力をそのまま歯に伝えることができます。ですので硬い食べ物を食べても全く問題はありません。噛む力が弱くなると、食べ物を食べる時に片嚙み状態になります。この片嚙み状態になりますと、体の片方だけに力がかかるため肩こりを引き起こす場合があります。そしてその肩こりが偏頭痛などを引き起こします。また腰痛などの原因にもなります。歯科医院でのインプラント治療は歯を綺麗にする審美歯科目的ですが、歯を綺麗にするだけでなく体もよくなります。それがインプラント治療です。

インプラントの深い情報

↑PAGE TOP